日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アラウージョとジウが州選手権緒戦を欠場へ

2006/01/21(土)
 クルゼイロのFWアラウージョら新規加入選手が22日(日本時間23日早朝)に開幕するミナス・ジェライス州選手権に出場できないことが分かった。ブラジルサッカー連盟(CBF)が年始の休暇のため移籍登録が遅れていることによるもので、20日にCBFからクルゼイロ側に通達があった。
 今月1日から16日まで年始休暇だったCBFは、アラウージョとジウの元Jリーグコンビに加え、エウベル(元ボルシア・メンヘングラッドバッハ)の3人について移籍登録を行っていないという。先週からアラウージョとジウがレギュラー組で、エウベルが控えとして紅白戦などの調整を行ってきたクルゼイロだけに、グスマン監督の構想が緒戦から躓く格好だ。
20060121192209.jpg



スポンサーサイト


元セレッソ大阪のファビーニョが帰国後初ゴール

2006/01/21(土)
 元セレッソ大阪で今季サントスに移籍したMFファビーニョが19日(日本時間20日)に行われたサン・パウロ州選手権のパウリスタ戦で初ゴールを挙げた。試合は1対3で敗れたが、Jリーグでもたびたび見せた豪快なミドルシュートを決めたファビーニョは日本で鋭さを増した得点感覚を改めて証明した格好。入団会見で「昨年は素晴らしいシーズンを送れた。ゴールするのはいつだって気持ちいいからね」と語ったファビーニョ。セグンド・ボランチ(第2ボランチの意で攻撃重視の役割)として元々、評価の高かったファビーニョだが、今季はより攻撃面での活躍が期待される。「日本では文句を言うことを控え、審判の存在を忘れるようにしていた。向こうで僕は成長したよ」。攻守両面で質を上げたと自ら語る背番号5は笑顔を見せる。
 デビューが近いクルゼイロのアラウージョ同様、今季活躍が期待されるファビーニョだけに国内で最もハイレベルなサン・パウロ州選手権でのプレーに注目が集まる。
id_8747_fabinho3.jpg




元浦和のエメルソンがリオ市内の空港で逮捕

2006/01/21(土)
 カタールのアル・サドに所属するFWエメルソンが20日夜(日本時間21日朝)、空港で出国の際に偽の身分証を出した疑いでブラジル連邦警察に逮捕された。ブラジルメディアが報じているもので、エメルソン自身は「僕自身は不正について全く知らない」などと否認しているという。
 妻や娘とブラジルで休暇を過ごした同選手は同日、リオ・デ・ジャネイロのトム・ジョビン国際空港から出国する予定だった。ブラジルでは出国時にパスポートだけでなく身分登録証が必要とされるが、連邦警察によるとエメルソンはそれぞれ生年月日の異なる2枚の出生証明書を持っていたという。一方は1978年12月6日生まれと記されているが、もう一方には日本の登録に使われていたものと同じ、81年9月6日となっていた。
 サン・パウロの下部組織でプレーしていた当時から、年齢詐称の噂があったエメルソン。ブラジルではサッカー選手が年齢を若く見せかけるために、出生データを偽ることは日常茶飯事だ。連邦警察では母のカルメンさんに何故、2つの出生証明書があるのかについて事情を聞くという。同国では身分証の偽造や不正使用をした場合、1年から5年拘留される可能性がある。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。