日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1000ゴールはマラカナン競技場で/ロマーリオが希望

2006/01/26(木)
 ヴァスコ・ダ・ガマのFWロマーリオは25日、アングラ・ドス・レイスとのテストマッチで2得点を挙げ、通算ゴールを949とした。試合は2対2の引き分けに終わった。
 ヴァスコからプロの世界の飛び込んだバイシーニョ(おチビさんの意でロマーリオの愛称)。現在、リオ・デ・ジャネイロ州選手権が開催中だが、今季中に1000ゴールを達成させようとヴァスコが様々な親善試合を組み、ロマーリオを後押ししている。
 決して強豪ではないアングラ相手に先制を許したヴァスコだが、前半39分にゴール前へのセンタリングをヒール気味に「らしい」得点でロマーリオが同点弾。後半にも勝ち越しを許したが、同31分に再びロマーリオが得点を挙げた。
 1000の大台まであと51としたロマーリオは「もし舞台を選べるならマラカナン競技場がいいな。あそこには思い入れがあるんだ。相手はもはや重要ではない。まあ重要な大会であることに越したことはないけど、でもそうでなくても決して嫌じゃないよ」と語った。

スポンサーサイト


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。