日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マテウスが30日からアトレチコ・パラナエンセを指揮

2006/01/28(土)
 パラナ州の名門アトレチコ・パラナエンセの監督に就任する元ドイツ代表の主将、ローター・マテウスは30日、クラブがあるクリチーバ市に到着し、正式に監督としての仕事をスタートさせる。ブラジルのトップクラブでドイツ人が指揮を執るのは「前代未聞」だけに全国的に注目を集めている。ブラジル人がこよなく愛するフッチボル・アルチ(芸術サッカー)の対義語としてしばしば引き合いに出されるのが、ドイツ人によるフッチボル・フォルサ(力のサッカー)。2月1日か2日に行われる同州選手権の対シアノルテ戦が、マテウスの「初陣」となる予定だ。
スポンサーサイト


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。