日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本大会まで最後となる親善試合のメンバー招集迫る

2006/02/02(木)
 ブラジル代表のパレイラ監督は14日、3月1日にモスクワで行われるロシアとの親善試合の招集メンバーを発表する。W杯本大会に向けて最後の親善試合だけに、新戦力を含めた貴重なテストの場となる。22人が招集される予定で、14日午後3時からリオ・デ・ジャネイロ市内のCBF本部で会見が行われる。
スポンサーサイト


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。