日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マンチェスターUのオファーをデコが拒絶

2006/02/11(土)
 バルセロナのブラジル人MF(ポルトガルに帰化しても国籍はブラジル人のまま)、デコがマンチェスター・ユナイテッド(英)のオファーを受けていたことが11日分かった。イギリス紙「デイリー・ミラー」が報じているもので、デコは「イギリスに行く(移籍する)理由が見当たらない。何故なら僕は世界最高のクラブにいるのだから」とオファーを蹴ったという。
スポンサーサイト


元東京ヴェルディのジウがクルゼイロで完全復活へ/ミナス・ジェライス州選手権

2006/02/11(土)
 所属した東京ヴェルディではチームの不調に引きずられ、本領を発揮しなかった元ブラジル代表のジウが、移籍したクルゼイロで本来のプレーを見せ始めた。ミナス・ジェライス州選手権では4試合をこなした段階で、得点こそないもののチーム最多となる3アシストを記録。勝ち点1差で2位につけるクルゼイロの攻撃を牽引している。
 昨年前半のサン・パウロ州選手権ではクラブのアイドルだったコリンチャンスでテベス(アルゼンチン代表)に長年背負った背番号10を奪われた上に、出場機会も減ったことからJリーグ入りを決断したジウ。2003年のコンフェデ杯ではセレソンの一員として世界デビューした実力の持ち主も、ヴェルディでは持ち味であるキレのある突破や高い決定力を見せる機会はなかった。
 対照的な活躍ぶりを見せたJリーグ得点王のアラウージョとともに母国での再スタートを切ったジウは、「ガルソン(給仕の意で、アシスト役をこう呼ぶ)」としての再生ぶりに機嫌よく語る。「別に新しいことではないよ。コリンチャンスではもっと前方でプレーしていたけど、僕はいつも一番アシストしていたさ。いつもよりよいポジションにいる仲間にパスを送るよう意識している」。
 アラウージョとのコンビも上々だけに、州選手権さらにはブラジル全国選手権でも「元Jリーガーコンビ」の攻撃力が炸裂しそうだ。

20060211200034.jpg




元柏レイソルのエジウソンがロマーリオと2トップ結成/リオ州選手権

2006/02/11(土)
 ヴァスコ・ダ・ガマで超ベテラン2トップが実現へ――。ヴァスコ・ダ・ガマは10日夜(日本時間11日)、元ブラジル代表のエジウソンを獲得したことを明らかにした。13日にはチームに合流する予定で、契約期間は今年12月末まで。40歳になったばかりのロマーリオとコンビを組むと見られ、合計年齢75歳の「高齢」2トップが話題を集めそうだ。
 柏レイソルなどでもプレーしたエジウソンはW杯2002年大会の優勝メンバーでもある。昨年はサン・カエターノに所属し、ブラジル全国選手権で7得点を挙げている。全盛期の速さにやや陰りは見られるものの、テンポの遅いリオ・デ・ジャネイロ州選手権ではそのドリブルは通用する。お互いに「問題児」として知られるベテラン2人が当分、リオ州をにぎわせる。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。