日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

元鹿島アントラーズ監督のセレーゾがグァラニーの監督就任へ

2006/03/09(木)
 グァラニーは8日、元鹿島アントラーズのトニーニョ・セレーゾの就任を発表した。今年末までの契約で契約金は明らかにされていない。同クラブのジョゼ・ルイス・ロウレセンチ会長によると、一両日中に正式契約にいたるという。
 サン・パウロ州カンピーナス市に本拠を置くグァラニーはポンテ・プレッタと人気を二分する名門。元ブラジル代表のカレッカやアモローゾらを輩出し、ここを足がかりにビッグクラブにステップアップする選手も多い。
 昨季に鹿島の監督を辞任してから、ブラジル国内の複数クラブがセレーゾの獲得を希望してきたが、いずれも合意には至っていなかった。現在グァラニーが戦っているコパ・ド・ブラジルの試合を視察したセレーゾの監督デビューは12日に予定されるサン・パウロ州選手権のサントス戦。近年低迷が続くグァラニーは全20チーム中、降格圏内の17位に対し、サントスは首位を走るだけに苦戦が予想されるが、セレーゾのお手並みにまずは注目だ。
0,,3975756,00.jpg

アトレチコ・ミネイロとヴィトーリアに続き、グァラニーでも成功を収めることが出来るか。セレーゾの新しい挑戦が始まった。
スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/102-be2c9891
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。