日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セレーゾ率いるグァラニーがサントスからまさかの勝利/サン・パウロ州選手権

2006/03/13(月)
 サン・パウロ州選手権で降格圏にいるグァラニーは12日、首位のサントスと対戦し、2対1でまさかの勝利を上げ、就任後初采配となったトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)に嬉しい白星をプレゼントした。依然、降格圏内の16位につけるグァラニーだが、この日負ければ厳しい状況が待ち構えていただけに、今後に希望を見出す一戦となった。
 全国選手権でも一昨年2部に降格しているだけに、州選手権だけは何としても一部残留を果たしたいグァラニー。戦力で圧倒的に勝るサントス相手に苦戦が予想されたが、新監督就任というモチヴェーションが選手たちを後押しする。前半で2点のリードを奪ったグァラニーは後半26分にサントスのレイナウド(元柏レイソル)にゴールを許したが、貴重な勝ち点3をゲット。残留争いに踏みとどまった。

スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/109-76e7f771
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。