FC2ブログ

日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

鹿島アントラーズのアウトゥオーリ監督がコリンチャンスに「ノー」

2006/03/15(水)
 鹿島アントラーズのパウロ・アウトゥオーリ監督は14日早朝(日本時間14日夜)、コリンチャンスのスポンサーであるMSIからのオファーに対し「私の現実は鹿島とともにある」などと返答。監督就任の可能性を否定した。
 ブラジルの衛星放送「Arena SporTV」のインタビューに答えたアウトゥオーリは「コリンチャンスが私の仕事に興味を持ってくれたことは凄く幸せだ」と話した。一方で就任については「コリンチャンスは代理人を日本に送ってくるかもしれない。ただ、私は(鹿島との)契約を全うするつもりだ」とした。
 アウトゥオーリに近い関係者の話として、ブラジルのグローボ局が伝えたところによると、アウトゥオーリはブラジルに帰国するつもりはないが、コリンチャンスと鹿島アントラーズとの話し合い次第では結論が変わりうるともいう。
 MSIの最初の接触は不発に終わった格好だが、ロシアマネーが背後にあるとも言われるMSIだけに、なりふり構わぬ札束攻勢をかける可能性も残されている。ブラジル国内最多となる2度のリベルタドーレス杯優勝の実績を誇るアウトゥオーリ。コリンチャンスが一番、望んでいるタイトルへの道筋を知る名将を簡単にあきらめるとは思えない。
0,,3910371,00.jpg

とりあえずはオファーを蹴ったアウトゥオーリ。ただ、MSIも簡単には引き下がらないだろう
スポンサーサイト






  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/113-592bb9db