日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チェルシーがコリンチャンスのテベスに興味/ドイツ大会後に移籍か

2006/03/16(木)
 チェルシー(英国)がコリンチャンスのFWテベスの獲得に乗り出していることが16日、分かった。同国の「ザ・タイムズ」が報じているもので、モウリーニョ監督が挙げた補強リストの筆頭にテベスの名があるという。
 新シーズンからの獲得を目指すチェルシーだが、違約金として約1億ドルを要する上に、コリンチャンスのアイドルとしてサポーターからの人気を掴んだテベスの獲得は簡単ではない。ただ、同紙はかつてチェルシーに移籍したアルゼンチン人のベロンやクレスポと同じ代理人をテベスが持つことや、コリンチャンスのスポンサーMSIのキア氏はチェルシーオーナーのアブラモビッチ氏と懇意にしていることなどから移籍は実現しうる、と報じる。またテベス自身も「同胞」のクレスポにすでにコンタクトを取っているとも言われているだけに、電撃移籍の可能性は大いにある。
0,,4527391,00.jpg

コリンチアーノ(コリンチャンスサポーター)から絶大な人気を誇るテベス。移籍を認めれば、暴動に近いサポーターの抵抗が予想されるが、さて。
スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/116-3d776fff
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。