日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アトレチコ・パラナエンセのマルカンが川崎と移籍交渉

2006/01/10(火)
 アトレチコ・パラナエンセの左SBマルカンが川崎フロンターレとレンタル移籍交渉を行っていることが10日、分かった。ブラジルメディアが報じているもので、マルカン自身も「今週末までに結論が出ると期待している」と語っている。
 昨年のコパ・リベルタドーレスでは決勝でサン・パウロに敗れたものの、アトレチコ・パラナエンセは堅守を武器にサントスなどの優勝候補を破って準優勝。原動力の一人が主将でセンターバックもこなせるユーティリティープレーヤーのマルカンだった。フルミネンセなどの名門に加え、ボルドー(フランス)など国内外のクラブが獲得の意向を示していた。
 白人だけにブラジル人選手特有の身体能力や柔軟性に満ちたテクニックを持たないマルカンだけに派手さはないが、戦術理解の高さや強い闘争心は紛れもなく本物。移籍が決まれば、川崎の貴重な戦力になることは間違いない。
スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/13-0524948a
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。