日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

元ドイツ代表主将のマテウス氏がアトレチコ・パラナエンセの監督就任へ

2006/01/12(木)
  元ドイツ代表の主将ローター・マテウス氏がアトレチコ・パラナエンセの監督に就任することが11日(日本時間12日)決まった。同クラブやマテウス氏本人がメディアなどを通じて明らかにしているもので、契約期間は1年。アトレチコの広報担当によるとマテウス氏は26日に現地入りした後、2月1日にチームに合流し、パラナ州選手権で指揮を取る予定。ドイツ人監督がブラジルのトップチームの監督に就任するのは初めて。
 元鹿島のトニーニョ・セレーゾ氏らを最優先に監督探しをしていたアトレチコだが、1月に入ってからマテウス氏が同クラブのあるクリチーバ市を訪れ、クラブ施設などを見学していたことから同氏の就任が濃厚と見られていた。ドイツ最大の日刊紙「ビルト」の取材に答えたマテウス氏は「世界最高のサッカーを持つ国で監督を務めるのは目的の一つだ」などと意気込んでいる。
 ブラジル国内では比較的珍しい速攻を主体とした欧州的なサッカースタイルを取るアトレチコ。昨年はコパ・リベルタドーレスで準優勝しただけでなく、運営能力と施設などは国内屈指の優良クラブだけに初のドイツ人指揮官の手腕に注目が集まる。
espfutatlmatpoli37009900.jpg

スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/17-4232b2cc
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。