日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

沈黙破ってミラン入りの動機を語ったアモローゾ

2006/01/14(土)
 ACミラン入りが決まったアモローゾが13日、長引いた移籍騒動についてコメントした。「金額的な問題ではない。僕が欧州でプレーする最後の機会だった」とあくまでもひのき舞台でのプレーを望んだことが移籍のきっかけだとアモローゾは説明した。
 ウディネーゼ、パルマに続いて3度目のセリエA挑戦となるアモローゾ。「土壇場でミランからのオファーが舞い込んできて、しかも逆らい難い魅力的なオファーだった。でも決して金銭面で考えたわけでなく、プロフェッショナルとして自分が欧州で残してきたイメージを復活させる最後のチャンスだと考えたんだ。タフで栄光に満ち溢れていて、なによりプロ意識の高い僕の印象をね」。
 アモローゾを高く評価していたザガロがブラジル代表のテクニカルコーディネーターを務めていることから、セレソン(代表)への夢を捨て切れていないというアモローゾだけに、欧州のトップクラブで通用することを証明し、パレイラ監督やザガロに好印象を与えたいという思惑があるのは間違いない。ブラジル代表史上有数の層を誇るFW陣だけに、現時点での代表入りは100%あり得ないが、仮に怪我人が続出した場合、可能性がないとも言い切れない。
 契約交渉が長引いた上に最悪の形でサン・パウロを去ることになったことについては「誰も責めるつもりはない。残念ながらこんな結末になってしまったけど。9日まではサン・パウロと契約するつもりだったが、そこにミランのオファーが舞い込んだ。コパ・リベルタドーレスの直後やクラブ世界選手権の前なら僕は契約を更新していたんだけど」とあくまでもアモローゾが望んだ早期更新に応じなかったサン・パウロを暗に批判した。
20060115003812.jpg

スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/22-ca038f76
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。