日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リヴァウドの復帰ならず/ロシア戦でのブラジル代表発表

2006/02/15(水)
 ブラジルサッカー連盟は14日(日本時間15日)、3月1日のロシア戦に向けたブラジル代表を発表した。22人のメンバー中、初招集の選手はなく、噂されたリヴァウド(オリンピアコス)の復帰はならなかった。
 「過去の招集の中でも最も重要な意味を持つ」。パレイラの言葉からは今回のメンバーが本大会に最も近いことを伺わせる。手術を予定する主将のカフーに代わったマイコンと、同じく負傷のロッキ・ジュニオールの代役で呼ばれたクリスは微妙な立場だが、それ以外のメンバーはほぼ「当確」を確実にした。
 本大会に向け、現段階では最後の親善試合となるロシア戦だけに、新しい顔ぶれに注目が集まった今回の招集。「まだセレソンの扉は閉まっていない」というパレイラの発言もあり、リヴァウドやニウマール(コリンチャンス)の選出を予想するメディアもあったが、出されたリストに驚きはなかった。
 「ブラジル以外の代表ならどこでもレギュラー」と口うるさいメディアや評論家からも賞賛されるフレッジが、2度目のチャンスを得たことが唯一の話題。「リストを作るのに全く難しさはなかった。明らかに今回のメンバーが一番W杯に近いよ」とパレイラは言う。
 史上最強の呼び声さえある現在のセレソン。いよいよドイツ大会に向け、チーム作りは最終段階に入った。

招集選手一覧
GK ジーダ(ACミラン)
   ジュリオ・セザール(インテルミラノ)
SB シシーニョ(レアル・マドリー)
   マイコン(モナコ)
   ロベルト・カルロス(レアル・マドリー)
   グスターヴォ・ネリー(コリンチャンス)
CB ルッシオ(バイエルン・ミュンヘン)
   ファン(バイエル・レバークーゼン)
   ルイゾン(ベンフィカ)
   クリス(モナコ)
V  エメルソン(ユベントス)
   ジウベルト・シウヴァ(アーセナル)
   ゼ・ロベルト(バイエルン・ミュンヘン)
   エジミウソン(バルセロナ)
MF ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(リヨン)
   カカー(ACミラン)
   ロナウジーニョ・ガウショ(バルセロナ)
   リカルジーニョ(コリンチャンス)
FW ロナウド(レアル・マドリー) 
   アドリアーノ(インテルミラノ)
   ロビーニョ(レアル・マドリー)
   フレッジ(リヨン)   
bra_fred_gol.jpg

期待の若手FWフレッジも、本大会行きをほぼ確実にした。
スポンサーサイト



  

コメント

(ノ∀`)アチャー

リバウド呼んでほしかったですね
  1. 2006/02/15(水) 16:22:38 |
  2. URL |
  3. リバ神ファン #-
  4. [ 編集]

ジュニーニョ・ペルナンブカーノはリヨンでは?
  1. 2006/02/18(土) 02:59:51 |
  2. URL |
  3. ribo #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/73-fe9f9f2b
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。