日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マテウスがパレイラ監督に秘策授ける?

2006/02/28(火)
 マテウスがブラジル代表の援軍に?――アトレチコ・パラナエンセを率いるマテウスはこのほど、リオ・デ・ジャネイロ市で行われた会合でブラジルがドイツ大会の緒戦で対戦するクロアチアについて言及、「クロアチアはここ10年で非常に進歩している」と警戒を促した。
 ハンガリー代表を率いてドイツ大会予選に挑んだ当時、2度に渡ってクロアチアと対戦した経験を持つマテウス。1敗1分けに終わっているクロアチアについて「旧ユーゴ諸国は非常にいいチームを持っている。3バックで構成されるシステムは非常に組織立っているし、マークは堅い」と分析する。
 大会最高峰の選手層を誇るブラジル代表だが、元ドイツ代表の英雄は警笛を鳴らす。「確かにブラジルは大会における優勝候補。でも緒戦に関してはそれほどでもない」。あくまでも決勝戦に向け、コンディショニングを考えるセレソンだけに大会緒戦では注意が必要だというのがマテウスの見方だ。
 「何でも質問があれば、聞いてくれて結構だ」。冗談めかしてパレイラ監督にメッセージを送ったマテウスだが、パレイラはあながち本気にしているかもしれない。
0,,4202835,00.jpg

W杯に出場すること5回。その重圧を知るマテウスの発言だけに重みを増す。
スポンサーサイト



  

コメント

こんにちは

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でリンクされていたので見にきちゃいました。また見にきます!
  1. 2006/02/28(火) 19:22:04 |
  2. URL |
  3. misato #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://futebolbrasileiro.blog43.fc2.com/tb.php/91-24d62918
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。