日刊伯剌西爾蹴球新聞
いつの時代も数多くのクラッキ(名手)を生み出してきたブラジル。常にサッカーシーンの中心に位置し続ける「王国」について、ポルトガル語に堪能なスポーツ記者が取材や独自の情報源を基に記事を執筆、配信する。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

サントスが州選手権で暫定首位浮上/元セレッソ大阪のファビーニョが得点

2006/03/03(金)
 サントスは1日(日本時間2日)、サン・パウロ州選手権でサン・カエターノと対戦し、元セレッソ大阪のファビーニョらが得点を決め3対2で勝利した。3位のパウメイラスより1試合多い段階ながら、勝ち点を28としたサントスは暫定首位に浮上。5日にはホームのヴィラ・ベウミロ競技場でパウメイラスとの首位決戦となる「スーペル(超)クラッシコ」に挑む。
 元新潟アルビレックスのアンデルソン・リマ擁するサン・カエターノのホームに乗り込んだサントスは優勝争いで優位に立つためにも負けられない一戦。前半23分、ペレが背負った栄光の10番を付けたロドリゴ・タバタが先制すると、同32分には本職ではない右SBながら持ち前の攻撃参加を見せるファビーニョがオーバーラップ。ゴール前でヘディングシュートを決め2対0と優位に試合を進める。
 2対1で試合を折り返したサントスは後半23分にも追加点を挙げ、1点差に詰め寄られたが逃げ切った。 
id_9567_fabinho21.jpg

ビッグゲームに強いファビーニョ。次節のパウメイラス戦は、大舞台に強い彼にもってこいの舞台となりそうだ


元名古屋グランパスのルイゾンの活躍でフラメンゴが勝利/リオ州選手権

2006/02/26(日)
 フラメンゴは25日(日本時間26日)、リオ・デ・ジャネイロ州選手権第2ステージで第1ステージ王者のボタフォゴと対戦、3対2で逆転勝ちした。元名古屋グランパスのルイゾンが1点を挙げ、ベテランならではの存在感を発揮した。
 
0,,4777479,00.jpg

クラブ創設111年にちなみ「111」の背番号を付けるルイゾン。サントスでは活躍の場が少なかっただけにフラメンゴでの再起にかける。


コパ・ド・ブラジルでロマーリオが今季3度目のハットトリック

2006/02/23(木)
 40歳のバイシーニョ(おチビさん)が今季3度目のハットトリック――。ヴァスコ・ダ・ガマのFWロマーリオは22日(日本時間23日)、コパ・ド・ブラジルのボタフォゴ(リオのボタフォゴとは別)で今季3度目のハットトリックを達成、通算得点を958とした。
 19日のリオ・デ・ジャネイロ州選手権第2ステージのポルトゲーザ戦でヴァスコでの通算出場を500としたロマーリオ。実力的に明らかな差があるとはいえ、前半17分に先制点を挙げると、後半にも2得点を加え7対0のゴールラッシュに貢献した。
 ペレに次ぐ1000得点を目指すバイシーニョ。余りにも実力に差がある弱小クラブとの親善試合をヴァスコが組み、ロマーリオの得点を手助けしていることに批判も聞こえつつあったが、40歳のロマーリオは来年のリベルタドーレス杯の出場権がかかるコパ・ド・ブラジルでの一戦で改めて実力を示した。
20060223171522.jpg

左上に輝くキャプテンマークは伊達ではない。ゴール前でのその落ち着きは年々、老獪さを増すばかりだ。


アルゼンチン代表のマスチェラーノの復帰近し/サン・パウロ州選手権

2006/02/21(火)
 コリンチャンスのアルゼンチン代表MFマスチェラーノが3月5日に行われるサン・パウロ州選手権のマリリア戦で復帰することが21日、分かった。昨年8月10日の全国選手権で負傷を追って以来、ピッチから遠ざかっているマスチェラーノだが、20日にあったクラブの練習ではボールを使ったトレーニングに参加。チームドクターのパウロ・ファウラも残る2週間でフィジカルコンディションを調整するだけと復帰を明言する。
 「もう彼は痛みを感じていない。あと2週間でプレーできるようになるだろう。そうなれば監督が決めることだ」とパウロ・ファウラ。昨年1500万ドルでリーベル・プレート(アルゼンチン)から獲得しながら、わずか7試合しか出場していないアルゼンチン代表の期待のボランチ、マスチェラーノ。3月9日には本人が出場を強く願うリベルタドーレス杯のティグレス戦(メキシコ)が控えるだけに、5日の試合で完全復帰をアピールしたいところだ。



手術なしの回復にわずかな期待/アラウージョが再検査へ

2006/02/19(日)
 手術なしの回復にかけるアラウージョ――。全治7ヶ月の負傷と診断されたクルゼイロのアラウージョは18日、グローボ局の取材に応じ「膝にメスを入れずに回復できる少ない期待にかけている」などと話した。
 負傷箇所の浮腫などで未だ手術が行えない状態にあるアラウージョ。2月末に全国各地で行われるカルナヴァウ(カーニヴァル)後に再度、検査を行い手術の必要性を検討するという。「まだ何も決まっていないんだ。というのもカルナヴァウ後に新しい検査を受けることにしているから。手術なしで復帰できるというわずかの期待が残っている」。
 仮に手術を受ける必要に迫られた際の対応についてもまだ未定だ。「もし手術を受けるなら、まずクルゼイロのドクターにしてもらう必要があるだろうね。もうアウヴィマール会長には話しているよ。でもあくまでも検査後に決めることだ」とアラウージョ。
 「アラウージョの怪我はクルゼイロにとって痛手か」。グローボ局がサポーターに対して実施したネットアンケートでは46%が「はい。彼はチームにとって欠かせない選手」と回答。続いて33%が「まあまあ。監督がうまく選手をやりくりするだろう」、21%が「いいえ。クルゼイロにはタレントが揃っている」とした。
 目の肥えたブラジル人サポーターも認めつつあった新エースの早期離脱は、本人だけでなく3年ぶり全国選手権優勝を目指すクルゼイロにとっても痛手なのは間違いない。



<< 前のページ 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。